フラメンコに出会うまで〜現在
幼少からの夢は、  「歌手」
バンドヴォーカルで、カバーや
オリジナル曲も作詞、作曲していました。
30代になってから、ピアノを一年習ったものの、
譜面は読めない。
少しだけローコードをかき鳴らし浮かんでくる
メロディを録音していました。
日本のミュージックシーンで
デビューしたい。
都内のとあるプロダクションの方に聞いていただき
お手紙をもらいました。
「あくまでも僕の意見です。
諦めるか続けるかはあなたが決めることです。
その歌唱力で、20歳なら、上京を勧めます。
歌は趣味にされた方が
幸せではないでしょうか?」
もっと、長くて、丁寧にアドバイス
 
くださいました。
私、30歳。この時、
歌手になる夢は半分以上諦めていました。
しかし、趣味でいいから、どこかで歌いたい。
いくつか歌わせてもらえるところを探していた時、
フラメンコに出会いました。
某舞踊家の方にステージで
歌う機会をいただき、
フラメンコギタリストであり
カンタオールである、
上林功氏に師事。
スペイングラナダへ渡西
カンテを学ぶために。
私たち歌い手の仕事は、
通常、舞踊家の方が企画する
ライブや発表会などでの生演奏が多いです。
伴唱の仕事は少しずついただきながら、
プロへの道を歩み始めていましたが、
需要の少ない高知で、スペイン語で歌う歌。
何かへ挑戦しなくては、知ってもらえない。
日本フラメンコ協会主催 
新人公演にチャレンジ。(新人公演関連記事はこちら
出産を経て、3度目で奨励賞をいただきました。
これは、高知という郊外で、
特殊な歌を歌っている私にとって、
「嘘は歌っていない」
という証となり、大きな力となりました。
しかし、
受賞者とはいえ、
即座に仕事が増えるということは
ありませんでした。
フラメンコ舞踊家の数は、プロ、愛好家含め、
 
スペインに継いで
世界二位という日本。
フラメンコの「踊り」を教える目的と、
フラメンコの三位一体と呼ばれる、
ギター、カンテ、バイレ、三つ揃った
総合スタジオを目指し、スタジオ運営という
 
道に携わり、
フラメンコスタジオ
エストゥディオ・ルシアで数年、
舞踊、初級講師も経験。
(ルシア関連記事はこちら)
 
 
カンテをもっと奥深く知り
貫いていきたい。
現在師事しているダビ・ラゴス
運良く出会い師事する。
彼の的確なアドバイスと
インターネットの普及で
スペインと高知でのレッスンが実現。
そしてこれから、しっかりスペインの
 
コンクール目指して
立ち上がった時、父の癌が発覚。
 
余命半年と宣告された。
仕事を制限し、自宅で看取った。
(アメブロより、父が残したメッセージ
 
そして、父と介護を10数年続けていた母を
この高知で施設の方にも助けていただきながら
暮らし、カンテを続けることを決意し、
 
CD制作を、ダビとともに、計画し始めた矢先、
母が86歳の生涯を閉じた。
 
2018 冬 (アメブロより、
母のこと皆さんありがとうございます。
もう急ぐ必要のなくなった今、
スペインへレスと、高知香南市。
本当に良いものを制作したい。
構想期間を延ばして、
きちんと納得したものを
世に送り出すべく、頑張っていきます。
どうか皆さま、朗報をお待ちくださいませ。
家族を一番に考えながら。
2018

CD制作への思い

 

「一生歌い続けたい!」と思わせてくれた

フラメンコに出会った。

自分が生きた証として、歌声を残したい

たくさんのメッセージを込めて。

枕元のラジカセ。

入所先の老健で、母が大好きだった

トロイメライをかけながら

「CD作るきね。できたらここでかけるきね。」

CD作成のきっかけとなった。

父からの遺言

生前フラメンコ歌い手としての私を

全力で応援してくれた父。

浪曲師になりたかった父。

私が本物の歌い手になることを

最後まで望んだ。

その思いを受け継ぎ実現させる。