カンテフラメンコの事

皆さんこんにちは!フラメンコ歌い手の山田 あかりAkari Yamadaです。


ある意味、正直なところ


フラメンコっていうものを


深く知れば知るほど


シリアスに話をするのが嫌になる時があります。


なぜ?


そりゃ、どうあがいても


所詮、日本人。


後、難しすぎるんですよね。


ある人がある日私にこんなことを話したんです。


「私はカンテを歌っていますけど、


指摘とか、しないで欲しい。ただ、歌いたいだけだから」


グサッときた一言でした。


もし、私の想像が当たっていたら、


この人は、カンテフラメンコが好きで好きでしょうがなくて、


歌い始めたけれど、難しさも知り、


ダメなところも誰かに指摘され、


最初は直そうと思ったかもしれないけど、


途中で、『こりゃ手に負えない』


って判断して、でも歌っていきたい。


自分の能力も置かれている立場も全て


理解した上で、『歌いたいけど、傷つきたくない』という


結論に至ったのではないか?


その一言でこれらの背景が見えてしまったから


グサッときたんです。


わかるんですよ。


自分で歌っていても


違う、まだフラメンコになってない。


自分の歌が、フラメンコじゃない!


私も、もしかすると、この人のように


諦める日が来るかもしれない。


でも、まだそれは今ではないんですよね。


そんな思いの中一生懸命生きて、


この動画をスタートさせることにしました!


まずご覧いただきたいです。


ご意見があればYouTubeへ


ダイレクトにコメントしてくださいね。


お返事できるかどうかはわかりませんが。


奥が深いので。


いつも皆さん応援ありがとうございます。










閲覧数:34回

最新記事

すべて表示